NPO法人 働く文化ネット

NPO法人 働く文化ネットの公式ブログです。

2月労働映画鑑賞会 中止のお知らせ

平素は当法人の事業に格別のご支援、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況、

政府及び関係機関等の方針を鑑みまして

2月10日に予定しておりました労働映画観賞会を

中止させていただくことになりました。

 

鑑賞を楽しみににお待ちいただいた皆様には

大変心苦しい限りですが、参加者の皆様、

関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果であり、

ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

 

なお、3月以降の予定につきましては改めて皆様にご連絡させていただきます。

 

労働映画観賞会継続中止の為、皆様と労働映画の交流が出来ず

残念に思っておりますがブログやTwitterを通じ、

皆様と労働映画の情報共有できたらと考えております

これからも引き続きよろしくお願いいたします。

 

皆様もどうぞ健康にご留意くださいませ。

2021年 新年のごあいさつ

謹 賀 新 年 

当法人の事業運営に対し、ご理解とご支援をいただき心より感謝申し上げます。

 

昨年は、コロナウイルス感染症の拡大により、当法人の事業も

中止・縮小・延期を余儀なくされました。

こういう事態になると、改めて人と人とのつながりや社会的活動の大切さを痛感します。

 

今年も困難な事業展開が想定されますが、感染症対策を徹底しながらの

労働映画鑑賞会の開催、昨年全国一斉開催に成功した日本ワークルール検定協会の

検定支援、労働資料の保存・展示事業を展開していきます。

引き続き、皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

 

2021年1月1日

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館

特定非営利活動法人働く文化ネット 代表理事 小栗啓豊

               f:id:hatarakubunkanet:20201216091504j:plain

 

労働映画『遠い一本の道』が終了

12月の労働映画鑑賞会では、左幸子監督・製作・主演

国鉄労働組合が共同制作した映画『遠い一本の道』を鑑賞しました。

 

今回のテーマは、「仕事への誇り、家族への愛、闘いの日々」。

当時の国鉄に勤める保線作業員の男とその妻、そして娘の家族。

今は機械化(保線作業車)されていますが、当時の保線作業は人力だったこと。

クライマックスの軍艦島、そして力強く北海道を走行するSLの雄大さに圧倒されました。

 

ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

 

次回の労働映画鑑賞会は、2021年2月10日(水)となります。(1月はお休み月です)

開催の曜日が変更となっておりますのでご注意下さい。

詳細は次のブログにてご案内させていただきます。

 

今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、

労働映画観賞会の延期等を余儀なくされました。

労働映画観賞会再開後も、マスクの着用・検温・消毒

情報カードのご提出等皆様にご負担をお掛けする事が増え

大変心苦しく思っておりますが、皆様のご協力をいただき

9月から再開できました事、心よりお礼申し上げます。

 

来年も引き続き感染対策を行いながら、労働映画観賞会を

開催させていただく予定です。

皆様におかれましても、体調に気を付けてお過ごしいただき

また、来年2月にお会い出来ます事、心より願っております。

どうぞ良い年をお迎えくださいませ。

 

              <上映中の一コマ>    

   f:id:hatarakubunkanet:20201217113553p:plain  f:id:hatarakubunkanet:20201217113626p:plain


   f:id:hatarakubunkanet:20201217113708p:plain  f:id:hatarakubunkanet:20201217114042p:plain

 

   f:id:hatarakubunkanet:20201217114131p:plain  f:id:hatarakubunkanet:20201217114250p:plain


   20201211094429  f:id:hatarakubunkanet:20201217114356p:plain

 

        f:id:hatarakubunkanet:20201217114633p:plain

   年末のお忙しい中多くの皆様にご参加いただき感謝申し上げます。    

 

               ~次回のご案内~

                     -- 第70回労働映画鑑賞会 --

       日  時:2021年2月10日(水)18:00~(17:45開場)

          場  所:連合会館 203会議室

          参  加  費:無料(事前申込不要)

 

         * 詳細は次月、ブログにてご案内させていただきます *

   ㊟新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、

    労働映画観賞会の延期もございます。

    情報はこちらのブログもしくはTwitterにて更新させて

    いただきますのでご確認願います。

 

第69回労働映画鑑賞会のご案内

 第69回労働映画鑑賞会を下記の通り開催します。

      • 開催日:2020年12月9日(水)18:00~ (17:45開場)
      • 会 場:連合会館 2階  203会議室

        (地図:https://rengokaikan.jp/access/

      • 参加費:無料(事前申込不要、どなたでもご参加いただけます。)

第69回テーマ ~仕事への誇り、家族への愛、闘いの日々~ 

上映予定作品:『遠い一本の道』 

(1977年/製作:国鉄労働組合=左プロ  監督:左幸子 脚本:宮本研/110分/カラー)

北海道を舞台に、勤続30年の国鉄保線員とその家族を通じて、

合理化の波に翻弄される労働者の憤りと仕事への誇りを描く感動のドラマ。

鉄道ファン必見!

四季折々の中、北海道の大地(室蘭本線・夕張線)をひた走るSLと

職場の合理化の波に抗う労働者たちの姿を描いた力作!

キネマ旬報ベスト・テン第10位

                                  

  f:id:hatarakubunkanet:20201128111131j:plain

 ぜひ多くの方々に鑑賞していただきたいと思います。

ご来場をお待ちします。

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大への対策について(お願い)

①ご来場時は、マスクの着用・手指の消毒など感染防止へご協力をお願いします。

②入場時体調確認の為検温を実施し、37.5度以上の発熱が認められた場合、

   入場をお断りさせていただきます。

③会場内の机・イスなどの消毒は主催者が実施します。

④ご来場の方には、受付にて情報カードにご記入いただき提出をお願いしております。

   また、スタッフも感染拡大防止対策を講じます。

 

第69回労働映画鑑賞会ご案内のチラシはこちらです。

 

「労働映画百選通信」第47号配信

 「労働映画百選通信」第47号が配信されました。是非ご覧ください。

<内容> 

①労働映画鑑賞会【2020年12月期】

 “2020年12月  第69回 ~仕事への誇り、家族への愛、闘いの日々~”

 上映作品   : 遠い一本の道

【第69回】12月9日(水)18:00~ 連合会館2階 203会議室                                 

                                       f:id:hatarakubunkanet:20201128104427j:plain

                      

②【労働映画のスターたち】 第51回「エミリオ・エステべス」            

                                       

                                         f:id:hatarakubunkanet:20201128104608p:plain

                    エミリオ・エステべス

 

③【労働映画のスターたち】 第52回「小芝風花黒島結菜」  

                       

     f:id:hatarakubunkanet:20201128104804p:plain     f:id:hatarakubunkanet:20201128104923p:plain

                小芝風花               黒島結菜

 

④【上映情報】労働映画列島!11~12月

※《労働映画列島》で検索! https://shimizu4310.hateblo.jp/ 

ワークルール検定2020・秋 に約2千名が受検

日本ワークルール検定主催の秋のワークルール検定が、

11月23日(月)全国47都道府県で一斉に開催されました。

全国で初級検定に1,659名、中級検定に328名、

合計で約2,000名の方が受検されました。

 

当法人は東京会場の運営に参加しました。

東京会場では、初級検定に206名、中級検定に130名が挑戦されました。

コロナ禍での開催ということで、緊張感が漂う中での検定でしたが、

主催者側スタッフは感染症対策に万全を期してテキパキと動き、

受検者も整斉とコロナ対策の要請に応えて受検されている姿が印象的でした。

f:id:hatarakubunkanet:20201125110052j:plain

東京会場の連合会館大会議室の様子

 

労働映画『ぼくと駄菓子のいえ』が終了

第68回労働映画鑑賞会が終了しました。 

11月の労働映画鑑賞会では家族や学校での困難を抱え、行き場を失った

子どもたちの拠り所となっている駄菓子屋での、店主と子どもたちの

3年を追ったドキュメンタリー映画『ぼくと駄菓子のいえ』を鑑賞しました。

 

今回のテーマは ~家でもない、学校でもない。そこは駄菓子屋~

松本明美さんと明美さんの娘よしえさんが営んでいる駄菓子屋「風和里(ふわり)」

子ども達を優しく"ふわり"と受け入れ、時には叱ることも。

風和里に行けば、そこでの友達や仲間、時間と空間を共有できる。

子どもたちのもう一つの居場所としてそこは存在しています。

風和里はもうすぐ23周年。

23年間、そしてこれからも子どもたちの居場所として続きます。

今、風和里は"もう一つの居場所"として駄菓子屋風和里のお隣に

明美さんの娘さんが"風和里かふぇ"をオープンしています。

 

今回の労働映画観賞会で配布した資料はこちらです。

田中監督始め、様々な方からお寄せいただいた紙上トークセッションとなりました。

是非皆様にもお読みいただけますと幸いです。

 

ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

次回の労働映画鑑賞会は、2020年12月9日(水)となります。

開催の曜日が変更となっておりますのでご注意下さい。

詳細は次のブログにてご案内させていただきます。

 

              <上映中の一コマ>

  20201115114846   20201115114858  

  20201115115012    20201115114937

     20201115115111         20201115115117

                  *田中監督に一言ご挨拶いただきました

   

               ~次回のご案内~

                     -- 第69回労働映画鑑賞会 --

       日  時:2020年12月9日(水)18:00~(17:45開場)

          場  所:連合会館 203会議室

          参  加  費:無料(事前申込不要)

 

         第69回テーマ ~仕事への誇り、家族への愛、闘いの日々~

        上映予定作品:『遠い一本の道

         * 詳細は次のブログにてご案内させていただきます *

   ㊟新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、

    労働映画観賞会の延期もございます。

    情報はこちらのブログもしくはTwitterにて更新させて

    いただきますのでご確認願います。