NPO法人 働く文化ネット

NPO法人 働く文化ネットの公式ブログです。

労働映画鑑賞会を半年ぶりに再開しました

労働映画鑑賞会は、2月に開催して以降、半年間中止していましたが、感染予防措置を取った形で、試みの会としてとして、9月10日(木)に第66回労働映画鑑賞会を開催しました。

そのため、今回のご案内は当法人の会員に限定させていただきました。

 

第66回労働映画観賞会  テーマ ~建設現場を仕切る人~
上映作品:
① 『 超高層 マンション をつくる 』 (2018年、 14分)
②『現場監督の仕事』(2018年、 9分)

 

東京千代田区神田地区の超高層マンションを舞台に、
建設工事現場の実態を記録した 2本の短編ドキュメンタリーを上映しました。

 

f:id:hatarakubunkanet:20200911103058j:plain

f:id:hatarakubunkanet:20200911103011j:plain
f:id:hatarakubunkanet:20200911101416j:plain

上映作品の一コマ

当日は、監督・演出の脇坂民子氏にもご来場いただき、
岩波映像顧問の井坂能行氏とトークセッションを行いました。

 

f:id:hatarakubunkanet:20200911102706j:plain
f:id:hatarakubunkanet:20200911102523j:plain
トークセッション

 

次回の労働映画鑑賞会は、2020年10月7日(水)を予定しております。

一般の皆さまにも安心してご来場いただけるよう、感染予防の取り組みを行ってまいります。

 

次回の詳しい日程・場所、感染予防対策等につきましては、ブログ・Twitterにて

ご案内をさせていただく予定です。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ワークルール検定2020秋が47都道府県で開催

NPO法人が運営に参加している

「ワークルール検定2020秋」の受験申込が始まりました。

 ♦開催日:2020年11月23日(月・祝)

 ♦申込み:9月2日(水)~10月22日(木)

今回、初めて全国47都道府県で初級検定が行われます。

(中級検定は6都道府県)是非チャレンジしてください。

コロナ禍ですので、感染症対策に万全を期して実施することから、

定員が少なくなっていますし、受検者の皆さまにもご協力をお願いしての実施となります。

 

詳しくは「日本ワークルール検定協会」のホームページ(http://workrule-kentei.jp/)からどうぞ。

          f:id:hatarakubunkanet:20200902112033j:plain

 「ワークルール検定2020秋」ご案内のチラシはこちらです。

新型コロナ対策! 職場の労働問題Q&A(1)

日本ワークルール検定協会と旬報社(ワークルール検定テキストを出版)の

緊急コラボ解説映像が配信されています。

ワークルールや労働に関する専門家の話など、身近な情報を短時間でご覧いただけます。

 

初回の今回は、淺野高宏 北海学園大学教授・弁護士による

「新型コロナ対策! 職場の労働問題Q&A 賃金減額編」です。

下記リンクからご覧ください。

 

https://youtu.be/hd1xIlCqqtw

   f:id:hatarakubunkanet:20200805122039j:plain

 

ワークルール検定2020年秋 実施準備開始

新型コロナウイルス感染症対策の関係で、

2020年・春のワークルール検定が中止されましたが

2020年・秋検定の実施に向けて準備が始まりました。

感染予防に万全を期すための対策も検討されています。

実施の詳細は(一社)日本ワークルール検定協会の

ホームページに今後、掲載される予定です。

当法人は運営委員会メンバーとして、この事業を支援していきます。

 

検定日時:2020年11月23日(月・祝)

初級検定:全国47都道府県で開催

中級検定:北海道、東京、愛知、大阪、福岡、沖縄の6か所で開催

 

(一社)日本ワークルール検定協会のホームページはこちら

http://workrule-kentei.jp/

            f:id:hatarakubunkanet:20200703114458j:plain

 

書籍の紹介「競争か連帯か」~分断と孤立を蔓延させた市場万能経済を創りかえるために!~

旬報社から6月29日に出版される書籍の紹介です。

著者は当法人の理事の高橋均さんです。

     社会のありようを一変させたコロナ禍は、

     四半世紀にわたって過度に強調されてきた

     自己責任社会から人間どうしが支え合う

     連帯社会へ、大きく転換させるチャン

     でもある。

     労働組合と協同組合の果たすべき役割は

     ますます重くなってくる。

本書は江戸時代から今日までの日本の協同組合

(消費生活協同組合労働金庫、こくみん共済coop《全労済》)と

労働組合の関係性を、具体的なエピソードを交えて綴ったもので、

長らくこの分野で活動してきた著者の研究と実践を通じたメッセージでもあります。

ぜひ、ご一読ください。

                                               f:id:hatarakubunkanet:20200604100625j:plain

書籍の紹介「ワークルール教育のすすめ」


当法人が支援事業として推進している「ワークルール検定」の開拓者で、

日本ワークルール検定協会会長・道幸哲也氏著作の本が旬報社から出版されました。

     いま、社会的な関心が高まっている

     「ワークルール教育」

     豊富な経験をもとに、

     ①ワークルール教育の必要性

     ②働く者の権利実現の仕組み

     ③ワークルール教育の具体的な内容と方法

     を、明らかにしています。

     ぜひご覧ください。

「ワークルール教育のすすめ」(著者・道幸哲也)のご購入はこちらから

http://www.junposha.com/book/b510430.html

f:id:hatarakubunkanet:20200609152533j:plain

6月労働映画鑑賞会 中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、

6月労働映画鑑賞会 開催中止を決定いたしましたので、お知らせいたします。

参加者の皆様、関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果であり、

ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

なお、7月以降の予定につきましては改めて皆様にご連絡させていただきます。

 

労働映画観賞会継続中止の為、皆様と労働映画の交流が出来ずに残念に思っておりますが

ブログやTwitterを通じ、皆様と労働映画の情報共有できたらと考えております

これからも引き続きよろしくお願いいたします。

皆様もどうぞ健康にご留意くださいませ。