NPO法人 働く文化ネット

NPO法人 働く文化ネットの公式ブログです。

ワークルール検定2021秋 募集が始まります

「自分や仲間を守る、部下を守る、コンプライアンス~法令を守る!」

 

NPO法人が支援している「ワークルール検定2021秋」の開催が発表されました。

開催日:2021年11月28日(日)

申込み:9月6日(月)~10月21日(木)

全国30会場で初級検定、4会場で中級検定が行われます。

詳しくは「(一社)日本ワークルール検定協会」のホームページからどうぞ。

http://workrule-kentei.jp/

 

        f:id:hatarakubunkanet:20210901132540j:plain

       

      f:id:hatarakubunkanet:20210901132629j:plain

9月労働映画鑑賞会 中止のお知らせ

平素は当法人の事業に格別のご支援、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 

9月9日に予定しておりました労働映画観賞会は

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、

来場者をはじめとした関係者の皆さまの健康・安全を第一に考慮し、

開催を中止させていただくことになりました。

 

鑑賞を楽しみににお待ちいただいた皆様には大変心苦しい限りですが、

ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

 

10月以降の予定につきましては改めて皆様にご連絡させていただきます。

 

これからも引き続きよろしくお願いいたします。

皆様もどうぞ健康にご留意くださいませ。

働く文化ネット 第9回通常総会を開催しました


直前に東京都から緊急事態宣言が発令されましたが、

7月15日(木)感染症対策を徹底して、働く文化ネット

第9回通常総会を開催しました。

2年ぶりの対面型開催としましたが、会員皆様の表情を

見ながらの総会運営はやはり良いものだと感じました。

 

【小栗啓豊代表理事の挨拶要旨】

当法人は、働く人たちにとって困難の多いこの時代に、

なにか応援ができないかとの思いから2013年に立上げ、

労働映画、ワークルール啓発、労働資料の保存展示の

3事業を中心に展開して丸8年が経過しました。

 

働く人のたちの困難は、形を変えながら今も進行しています。

コロナ対策で「不要不急」という言い方をされましたが、

私たちがやっている事業はリモートやバーチャルに

移りつつある現代社会にこそ有用なものだと思います。

 

この先を展望し、新しい視点での運営も加えながら

事業を展開していきたいと思います。

引き続き、皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

f:id:hatarakubunkanet:20210720114648j:plain

写真は春のワークルール検定で司会を務めた小栗啓豊代表理事

7月労働映画鑑賞会 中止のお知らせ

平素は当法人の事業に格別のご支援、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況、

政府及び関係機関等の方針を鑑みまして

7月15日に予定しておりました労働映画観賞会を

中止させていただくことになりました。

 

既にこちらのブログその他でもご案内済みの為、

このような急な変更となり大変申し訳ございません。

 

鑑賞を楽しみににお待ちいただいた皆様には

大変心苦しい限りですが、参加者の皆様、

関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果であり、

ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

 

8月の労働映画観賞会はお休みとなります。

9月以降の予定につきましては改めて皆様にご連絡させていただきます。

 

これからも引き続きよろしくお願いいたします。

皆様もどうぞ健康にご留意くださいませ。

第71回労働映画鑑賞会のご案内

 第71回労働映画鑑賞会を下記の通り開催します。

      • 開催日:2021年7月15日(木)18:00~ (17:45開場)
      • 会 場:連合会館 2階  203会議室

        (地図:https://rengokaikan.jp/access/

      • 参加費:無料(事前申込不要、どなたでもご参加いただけます。)

 

第71回テーマ ~活躍する女性起業家たち~ 

上映予定作品:『日本のチカラ#229 おいしい笑顔をつくりたい ~母なるレトルトスープ~』

(2020年、大分放送制作、25分)

https://www.minkyo.or.jp/program/nippon_no_chikara/229/

大分県豊後大野市で「郷土の味の伝承」をめざして起業した食品加工会社。

地元の農作物を使ったレトルトスープなど、多彩な商品開発に込められた思いを紹介する。

上映予定作品:『日本のチカラ#231 ひとりじゃない ~ママがゆく!復興への道~』 

(2020年、信越放送制作、25分)

https://www.minkyo.or.jp/program/nippon_no_chikara/post-12801/

2019年10月、台風19号による浸水災害に被災した女性が避難所で出会った仲間たちと起ち上げた被災者支援団体「HEARTY DECO(ハーティー・デコ)」。

「被災者を1人にしない、孤独にさせない」復興への道をめざす活動の記録。

 

ぜひ多くの方々に鑑賞していただきたいと思います。

ご来場をお待ちします。

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大への対策について(お願い)

①ご来場時は、マスクの着用・手指の消毒など感染防止へご協力をお願いします。

②入場時体調確認の為検温を実施し、37.5度以上の発熱が認められた場合、

   入場をお断りさせていただきます。

③会場内の机・イスなどの消毒は主催者が実施します。

④ご来場の方には、受付にて情報カードにご記入いただき提出をお願いしております。

   また、スタッフも感染拡大防止対策を講じます。

 

第71回労働映画鑑賞会 詳細は労働映画百選通信50号をご参照下さい。こちらです。

「労働映画百選通信」第50号配信

 「労働映画百選通信」第50号が配信されました。是非ご覧ください。

<内容> 

①労働映画鑑賞会【2021年7月期】

【第71回】7月15日(木)18:00~ 連合会館2階 203会議室  

 “2021年7月  第71回 ~活躍する女性起業家たち~”

 上映作品   : 

(1)『日本のチカラ#229  おいしい笑顔をつくりたい 

        ~母なるレトルトスープ~』

(2)『日本のチカラ#231  ひとりじゃない 

  ~ママがゆく!復興への道~』

 

                  f:id:hatarakubunkanet:20210506101535p:plain    

                   おいしい笑顔をつくりたい    ~母なるレトルトスープ~

 

                 f:id:hatarakubunkanet:20210506101556p:plain

                  ひとりじゃない ~ママがゆく!復興への道~

 

②【労働映画のスターたち】 第57回「森繫 久彌」                                          

                  

                   f:id:hatarakubunkanet:20210704100115j:plain

                                 森繫 久彌

 

③【労働映画のスターたち】 第56回「有村 架純」

                

                   f:id:hatarakubunkanet:20210704100147j:plain

                               有村 架純

 

④【上映情報】労働映画列島!6~7月

※《労働映画列島》で検索! https://shimizu4310.hateblo.jp/ 

出版 労働弁護士「宮里邦雄」55年の軌跡

当法人ともかかわりの深い日本労働弁護団の元会長・宮里邦雄氏の

書籍が出版されましたので紹介します。

氏は、総評弁護団から日本労働弁護団の幹事長、

会長として労働者の権利擁護の闘いを続けてこられました。

現在、ワークルール教育をテーマの一つとして掲げられ、

日本ワークルール検定協会の啓発推進委員としてもご活躍いただいています。

 

                              f:id:hatarakubunkanet:20210616154327j:plain

タイトル             労働弁護士「宮里邦雄」55年の軌跡

刊行日   2021年6月25日

著者       宮里邦雄

定価       2000円+税

出版  論創社

 

(「まえがき」より)

総評弁護団から日本労働弁護団へ 1965年、弁護士登録した後、

“労働弁護士”として活躍する一方、沖縄出身の弁護士として米軍基地問題など、

沖縄関係の訴訟にも広く関与する。

現在のコロナ禍のもとの労働問題にも第一人者として若々しく取り組んでいる!

宮里さんは、国労弁護団の中心として、この国家的不当労働行為との

たたかいの只中にあった。

一部にあった「裁判闘争先行」ではなく、労働委員会闘争を軸として、

この国家的不当労働行為と対峙したのだ。

全国で一斉に労働委員会で不当労働行為の勝利命令を先行させつつ、

勝利を展望するという正鵠を射る闘争方針を提唱して、長期にたたかいを持続し、

解決に至ったのである。