読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人 働く文化ネット

NPO法人 働く文化ネットの公式ブログです。

労働映画鑑賞会「スポーツにかける青春」が終了しました。

第18回労働映画鑑賞会が終了しました。
 5月14日(木)18:30~20:00(18:00開場)

~スポーツにかける青春-職場の仲間とともに~

上映作品:①『バスケットボールと彼女たち』

     ②『挑戦』

今回は、約20名の方にご参加いただきました。

 

<小熊氏によるコメント>

f:id:hatarakubunkanet:20150515125450j:plain

 ご来場いただいた小熊 栄氏(日本労働組合総連合会 経済政策局)から、次のようなお話をいただきました。

・企業スポーツの存続は、新日鉄釜石ラグビー東芝府中の野球、日立の卓球などのように地域を変えていく力がある。地元の自治体等が、もっと支援・サポートをできればよいと思う。

・スポーツ活動が職場から地域へという変化については、企業としても存在意義を高めていくようになり、今後増えていくのではないだろうか。実際にそういう例も出ている。

・今回の映画をとおして、組合活動と企業スポーツの共通点を感じた。周りの同僚は、同じ職場の人間が世界で活躍したり、頑張っている姿を目の当たりにすることで、自分を投影し頑張ろうと思っていたのではないだろうか。労働組合も活動の可視化をより図ることで、職場の共感を得られるようになるのではないだろうか。

 

♦今回の上映にあたり、『挑戦』の渋谷監督から下記のメッセージを頂戴いたしました。

「挑戦」をご鑑賞いただきありがとうございます。

古い作品ですが見ていただける機会を作っていただき

感謝いたします。

 

~第19回のご案内~

【2015年4~6月】統一テーマ:女性の元気が社会を変える パートⅡ

日時:6月11日(木)18:30~20:30(18:00開場)

場所:連合会館2階 201会議室(地図:http://rengokaikan.jp/access/

参加費:無料(事前申込不要、どなたでも参加できます)

 

~母として、女として、炭鉱(やま)に生きる~

上映作品『女ひとり大地を行く(1953年/132分)

戦前から20年にわたり、炭鉱で働いた女性の一代記。監督は、亀井文夫。炭労北海道地方支部がカンパで製作資金を提供し、キヌタプロと共同制作した作品。

 

働く文化ネットでは、毎月第2木曜日に労働映画鑑賞会を開催しております。
お気軽にご参加ください。お待ちしております。