NPO法人 働く文化ネット

NPO法人 働く文化ネットの公式ブログです。

4月13日「労働判例命令研究会」中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染の拡大している状況を受け、

4月13日開催予定の「労働判例命令研究会」の開催中止連絡が

入りましたのでお知らせいたします。

参加者の皆様、関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果であり、

ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

「ワークルール検定2020春」の中止

 新型コロナウイルス感染症拡大の関係で、当法人が支援し、

6月14日(日)に実施を予定していた「ワークルール検定初級・中級」について、

昨日、日本ワークルール検定協会から「やむなく中止する」とご連絡がありました。

すでにお申込みいただいている方には、受検料・講習料を全額返金するとのことです。詳細については協会のHPをご覧ください。

 協会では、11月23日開催予定の「ワークルール検定2020秋」(全国47と都道府県

で実施)に向けて、準備を開始するとのことです。

 

 感染症の拡大によって個人、法人それぞれに、すでに大変なご苦労をされているこ

とと思います。

感染症のこの先の展開も予断できません。

それぞれの立場で、できる限りの対策を講じながら、感染症が早く収束することを願うばかりです。

4月労働映画鑑賞会 中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、

4月労働映画鑑賞会 開催中止を決定いたしましたので、お知らせいたします。

参加者、関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果であり、

ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

なお、5月以降の予定につきましては改めて状況判断を行い、

皆様にご報告させていただきます。

3月9日「労働判例命令研究会」中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染の拡大している状況を受け、

3月9日開催予定の「労働判例命令研究会」の開催中止連絡が

入りましたのでお知らせいたします。

参加者の皆様、関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果であり、

ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

3月労働判例命令研究会のご案内

当法人が後援する日本労働弁護団主催の「労働判例命令研究会」のご案内です。
労働組合の役員・書記・組合員や組合関係者(労働審判員、労働委員会の参与委員など)の皆さまのご参加を期待しています。

 

 <第135労働判例命令研究会のご案内>

 ◆日時:2020年3月9日(月)18時~20時

[中止となりました]

 ◆会場:連合会館4階401会議室 (地図:http://rengokaikan.jp/access/

 

◆報告者・報告判例命令

1.岡田 俊宏 弁護士(日本労働弁護団常任幹事)

福井県若狭町(中学教員)事件・福井地判令和元.7.10労働判例ジャーナル90号2頁

~中学教員の自殺につき校長の安全配慮義務違反等が認められた例~

 

2.岸 朋弘 弁護士(日本労働弁護団会員)

阪急トラベルサポート就業規則変更ほか)事件・東京高判平成30.11.15労働判例1194号13頁

~属的・間欠的に従事する登録派遣添乗員について就業規則変更による労働条件変更の有効性が認められた例~

 

◆主 催:日本労働弁護団

◆後 援:NPO法人働く文化ネット

http://hatarakubunka-net.hateblo.jp/

https://twitter.com/hatarakubunka

 

◆今後の予定

・  4月13日(月)

3月25日(水)「100万人のクラシックライブ」 中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染の拡大している状況を受け、

100万人のクラシックライブの開催中止連絡が入りましたので

お知らせいたします。

参加者、関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果であり、

ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

3月12日(木) 第66回労働映画鑑賞会 中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、当法人内で協議した結果

3月の労働映画鑑賞会の開催中止を決定いたしましたので、お知らせいたします。

参加者、関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果であり、ご理解をいただきますよう

お願い申し上げます。

なお、4月以降の予定につきましては改めて状況判断を行い、皆様にご報告させていただきます。