NPO法人 働く文化ネット

NPO法人 働く文化ネットの公式ブログです。

ワークルール検定2019春の募集が始まりました

「自分や仲間を守る、部下を守る、コンプライアンス・法令を守る!」

 

NPO法人が支援している「ワークルール検定2019春」の開催が発表されました。

開催日:2019年6月9日(日)

申込み:3月11日(月)~5月12日(日)

全国17カ所で初級検定、5か所で中級検定が行われます。

詳しくは「日本ワークルール検定協会」のホームページからどうぞ。

http://workrule-kentei.jp/

f:id:hatarakubunkanet:20190315152745p:plain

労働運動の源流を辿っていくと…ジョン万次郎と労働組合

「今の連合運動、労働組合の歴史を辿っていくと、最後にはジョン万次郎に行き着く」という書き出しで始まる興味深いレポートがあります。

作者は公益社団法人教育文化協会専務理事の木村裕士氏で、ご本人は「備忘メモとして」と謙遜されていますが、誠に稀有壮大な力作ですので紹介させていただきます。

ジョン万次郎は江戸時代の末期、漁民仲間と土佐沖で遭難。アメリカの捕鯨船に助けられ、やがて幕末動乱期の日本に帰国を果たすというエピソードは広く知られるところですが、氏のレポートでは「万次郎が日本の近代化に果たした役割というのは小さくなく」「もたらしたものの中に労働運動の思想的遺伝子が受け継がれていると信じて疑わない」と述べておられます。

 f:id:hatarakubunkanet:20190315150710p:plain 

 

 

 

3月労働判例命令研究会のご案内

当法人が後援する日本労働弁護団主催の「労働判例命令研究会」のご案内です。
労働組合の役員・書記・組合員や組合関係者(労働審判員、労働委員会の参与委員など)の皆さまのご参加を期待しています。

 

 <第124労働判例命令研究会のご案内>

◆日時:2019年3月11日(月)18時~20時

◆会場:連合会館4階401会議室

 

◆報告者・報告判例命令

1.嶋﨑 量 弁護士(日本労働弁護団常任幹事)

○ NHK(名古屋放送局)事件・名古屋高裁平成30.6.26労判1189号51頁

~傷病休職中のテスト出局(いわゆる「試し出勤」)について、職員給与規程による

賃金の支払は認められないものの、最低賃金額相当の賃金の支払を命じた例~

 

2.平井 康太 弁護士(日本労働弁護団事務局員)

○ イクヌーザ事件・東京高判平成30.10.4労働判例1190号5頁

~月間80時間の時間外労働を予定する固定残業代の定めは、労働者の健康を損なう危

険のあるものであり、公序良俗に違反するものとして無効とした例~

 

◆主 催:日本労働弁護団

◆後 援:NPO法人働く文化ネット

http://hatarakubunka-net.hateblo.jp/

 

◆今後の予定

・4月08日(月)

・5月20日(月)

・6月10日(月)

第56回労働映画鑑賞会のご案内

第56回労働映画鑑賞会を下記の通り開催します。

  • 開催日:2019年3月14日(木)18:00~ (17:45開場)
  • 会 場:連合会館201会議室 (地図:http://rengokaikan.jp/access/
  • 参加費:無料(事前申込不要、どなたでも参加出ます。)

第56回テーマ ~立ち上がる移民労働者たち~

上映予定作品:

『オキュパイ・シャンティ~インドカレー店物語~』

 (2016年、製作:ビデオプレス、43分)

  2019年3月の第56回労働映画鑑賞会では、東京のインド料理レストランで働くインド、バングラデシュの労働者たちによる解雇撤回・未払い賃金支払いを求めた闘いの記録、『オキュパイ・シャンティ~インドカレー店物語~』を上映します。ぜひ多くの方々に鑑賞していただきたいと思います。ご来場をお待ちしております。

 【当日プログラム】

18:00~18:45 映画上映

18:45~19:05 解説とコメント(指宿昭一弁護士)

19:05~19:30 質疑応答

撮影、演出:松原明

「解雇・お店閉鎖が通告されています。賃金が2年払われていません。助けてください」。2016年6月、この一枚の張り紙からシャンティのたたかいは始まった。インド・バングラデシュの人たちは「労働組合」を結成し、未払い賃金の支払いと雇用確保を求めて立ち上がった。マスコミ報道で有名に なった「インドカレー店」解雇事件。はたして、彼らはその後どうなったのか。密着取材した迫真のドキュメンタリー。 

f:id:hatarakubunkanet:20190228143200p:plain f:id:hatarakubunkanet:20190228152507p:plain

f:id:hatarakubunkanet:20190228153015p:plain

ラゲラホ‥ヒンディー語で「一緒にがんばろう」の意味


第56回労働映画鑑賞会ご案内のチラシはこちらです。

お昼休みにクラシックライブが楽しめます!

当NPО法人の活動拠点である「連合会館」で、昼休みの時間帯にクラシックのミニライブが開かれます。

演奏者による解説付きコンサートで、普段クラシックを聴かない人も楽しめます。

ランチのひと時に、身近な「連合会館」で音楽に触れてみましょう。

(主催:公益財団法人総評会館、演奏:一般財団法人「100万人のクラシックライブ」)

 

日 時 : 2019年3月27日(水)12:10~12:50(開場12:00)

場 所 : 連合会館1階ロビー(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)

演 者 : 望月茉莉奈(ヴァイオリン)、宮野詩織(ピアノ)

入 場 : 無料(30席用意、出入り自由、立見可)

 

f:id:hatarakubunkanet:20190225142110p:plain

「労働映画百選通信」第35号配信

「労働映画百選通信」第35号が配信されました。是非ご覧ください。

<内容> 

①第56回 労働映画鑑賞会テーマ《立ち上がる移民労働者たち》

 上映作品 :オキュパイ・シャンティインドカレー店物語~

     (2016年/43分/ドキュメンタリー/日本/製作:ビデオプレス)

 3月14日(木)18:00~ (17:45開場) 連合会館201会議室

 f:id:hatarakubunkanet:20190218112239p:plain f:id:hatarakubunkanet:20190218112219p:plain 

 ②【上映終了】第55回労働映画鑑賞会『Weabak:外泊』

 f:id:hatarakubunkanet:20190218112537p:plain f:id:hatarakubunkanet:20190218112604p:plain

 ③【テーマ研究】#14《日本で働く外国人》 

f:id:hatarakubunkanet:20190218112858p:plain

[VHS]ポニーキャニオン

③【労働映画のスターたち】第37回「イッセー尾形

f:id:hatarakubunkanet:20190218113136p:plain

花へんろ(1985)

④【上映情報】労働映画列島!2月

 f:id:hatarakubunkanet:20190218113643p:plain f:id:hatarakubunkanet:20190218113704p:plain

   

 

労働映画『Weabak:外泊』が終了

 第55回労働回労働映画鑑賞会が終了しました。

 2019年1回目の労働映画鑑賞会では、昨年11月の労働映画鑑賞会でとりあげた劇映画『明日へ』の基となった事件“イーランド争議”を記録したドキュメンタリー映画『Weabak:外泊』を鑑賞しました。作品に記録された女性たちの建前のない、まっすぐな言葉が突き刺さるような迫力ある作品でした。

 ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 

 ~歌い、踊り、泣いて、笑った、500日!~

  上映作品:『Weabak:外泊』(2007年/73分/韓国)

韓国映画『明日へ』の基になった事件は、2007年に起きた「イーランド争議」だ。当時のノ・ムヒョン政権が「非正規職保護法」を施工する直前に、正社員化を嫌がった会社側がレジ係などの外注(アウトソーシング)を強行した。一方的な解雇通告を突きつけられた400人余りの女性たちは、売り場占拠などで会社側に対抗。512日間(1年半近く)にわたる闘争の末、最後まで残った180人の職場復帰で和解した。

 一見、平凡な「アジュンマ(おばさん)」たちが大企業を向こうに回して闘った争議は、韓国社会があらためて女性の働き方を考え直す、大きな問題提起ともなった。争議の終結までを記録したドキュメンタリー映画『外泊』(2009、キム・ミレ監督)は、店舗内に籠城することになった女性たちが、それまでは家庭の主婦として許されなかった「外泊」により、あらためて《ひとりの人間》として覚醒していく瞬間を捉えた。

           

         -労働映画百選通信№33よりー全文はこちらから

                 

<上映会の様子>

f:id:hatarakubunkanet:20190215144542p:plain

f:id:hatarakubunkanet:20190215144354p:plain

20190215082048

20190215081549


  ~次回のご案内~

 ― 第56回労働映画鑑賞会 ー

 日  時:2019年3月14日(木)18:00~(17:45開場)

 場  所:連合会館 201会議室

 参  加  費:無料(事前申込不要)   

 ~立ち上がる移民労働者たち~

上映予定作品:『オキュパイ・シャンティインドカレー店物語~』 

        (2016年、ビデオプレス、43分)

 〇突然解雇を通告されたインド、バングラデシュの人たちは「労働組合」を結成

  した。密着取材による迫真のドキュメンタリー

    *お気軽にご参加ください。お待ちしております。