NPO法人 働く文化ネット

NPO法人 働く文化ネットの公式ブログです。

労働映画『農民とともに -地域医療にとりくみ50年-』が終了

第61回労働映画鑑賞会が終了しました。

2019年9月の労働映画鑑賞会では1944年の開設以来50年、「農民とともに」を旗印に

地域医療の最前線を切り開いてきた長野県・佐久総合病院の歴史と現在を紹介した

記録映画『農民とともに -地域医療にとりくみ50年-』を鑑賞しました。

高齢化と過疎化の進む地域社会という大きな問題に対して、地域ぐるみでこれからの

医療のあり方を示唆する貴重なメッセージがこめられていました。

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

次回の労働映画鑑賞会は10月10日(木)となります。

  

上映作品:

『農民とともに -地域医療にとりくみ50年-』

(1995年/岩波映画/モノクロ88分)

                 <上映中の一コマ>               

f:id:hatarakubunkanet:20190906172324j:plain

     

   ~次回のご案内~

― 第62回労働映画鑑賞会 -

日  時:2019年10月10日(木)18:00~(17:45開場)

場  所:連合会館 201会議室

  

第62回テーマ ~国際価値連鎖(グローバル・バリュー・チェーン)の苛烈な現実~

上映予定作品:人間機械 Machines

(2016年/71分/インド・ドイツ・フィンランド合作)

監督 : ラーフル・ジャイン

f:id:hatarakubunkanet:20190906172405j:plain

  

インドの出稼ぎ労働者たちが直面する苛烈な現実を長回しの撮影で追ったドキュメンタリー。

インドの北西部グジャラート州にある巨大繊維工場。

劣悪な環境下で働く労働者たちの姿をカメラが淡々と追う。

宗教画を思わせる画面構成と工場の機械音を捉えた音響設計によって、

著しい経済成長を遂げるインドのもうひとつの現実を抉り出す。

 

参  加  費:無料(事前申込不要)

お気軽にご参加ください。お待ちしております。

『労働映画百選通信』合冊版をつくりました

『労働映画百選通信合冊版』をつくりました。ご利用ください。 

 

『労働映画百選通信合冊版①No.01-10』

 『労働映画百選通信合冊版②No.11-20』 

 『労働映画百選通信合冊版③No.21-30』

 『労働映画百選通信合冊版④No.31-40』

 

「労働映画百選通信」第40号配信

 「労働映画百選通信」第40号が配信されました。是非ご覧ください。

<内容> 

①労働映画鑑賞会【2019年9~10月期】

 “統一テーマ:記録映画にみる時代の真実”

 

【第61回】9月12日(木)18:00~

  上映作品『農民とともに -地域医療にとりくみ 50 年-』(1995年/78分/モノクロ/岩波映画製作所)   

                            f:id:hatarakubunkanet:20190906172324j:plain

 【第62回】10月10日(木)18:00~

  上映作品『人間機械 "Machines"』(2016年/71分/インド・ドイツ・フィンランド合作映画)

          f:id:hatarakubunkanet:20190906172405j:plain

 

②【労働映画のスターたち】第42回「京マチ子

③【労働映画のスターたち】第43回「小沢昭一」 

 

④【上映情報】労働映画列島!8~9月

※《労働映画列島》で検索! http://shimizu4310.hateblo.jp/   

 

ワークルール検定2019秋の募集が始まりました

「自分や仲間を守る、部下を守る、コンプライアンス・法令を守る!」

 

NPO法人が支援している「ワークルール検定2019秋」の開催が発表されました。

開催日:2019年11月23日(土・祝)

申込み:9月2日(月)~10月27日(日)

全国23カ所で初級検定が行われます。

詳しくは「日本ワークルール検定協会」のホームページからどうぞ。

http://workrule-kentei.jp/

 「ワークルール検定2019秋」ご案内のチラシはこちらです。

9月労働判例命令研究会のご案内

当法人が後援する日本労働弁護団主催の「労働判例命令研究会」のご案内です。
労働組合の役員・書記・組合員や組合関係者(労働審判員、労働委員会の参与委員など)の皆さまのご参加を期待しています。

 

 <第129労働判例命令研究会のご案内>

 ◆日時:2019年9月9日(月)18時~20時

 ◆会場:連合会館4階401会議室 (地図:http://rengokaikan.jp/access/

 

◆報告者・報告判例命令

1.師士角 允彬 弁護士(日本労働弁護団会員)

○ ベルコ事件・札幌地判平30.9.28労働判例1188号5頁

~代理店主が、会社に従属し、会社に使用されて労務を提供しているとはいえず

会社の使用人であるということはできないとされた例

代理店主に雇用されていた者らと会社との間で黙示の労働契約が成立していないとされた例~

 

2.谷村 明子 弁護士(日本労働弁護団事務局次長)

○ベルコ事件・北海道労委命令令和元.6.13

~被申立人と業務委託契約を締結する代理店の労働者との関係での使用者性が肯定された例

 

◆主 催:日本労働弁護団

◆後 援:NPO法人働く文化ネット

http://hatarakubunka-net.hateblo.jp/

https://twitter.com/hatarakubunka

 

◆今後の予定

・  10月7日(月)

第61回および第62回労働映画鑑賞会のご案内

2019年9~10月期は、時代の真実にせまる長編記録映画2篇をお届けします。

9月12日の第61回鑑賞会では、「農民とともに」を合言葉に地域医療に取り組んできた佐久総合病院の50年の歩みを描いた『農民とともに―地域医療にとりくみ50年』をとりあげて、地域医療の原点とこれからの医療のあり方について考えます。

10月10日の第62回鑑賞会では、インドの北西部グジャラート州の繊維工場で働く出稼ぎ労働者たちが直面する苛烈な現実を描く『人間機械』を上映します。

ぜひ多くの方々に鑑賞していただきたいと思います。ご来場をお待ちします。

 

第61回 ~地域医療の原点を探る~

上映予定作品: 『農民とともに―地域医療にとりくみ50年』

        (1995年/岩波映画/78分)       

・開催日:2019年9月12日(木)18:00~(17:45開場)

・会場:連合会館201会議室

・参加費無料、事前申し込み不要、どなたでも参加できます。

 

f:id:hatarakubunkanet:20190809194142j:plain

 

第62回 ~国際価値連鎖(グローバル・バリュー・チェーン

     の苛烈な現実~

上映予定作品: 『人間機械 Machines』

       (2016年/インド・ドイツ・フィンランド合作/71分)       

・開催日:2019年10月10日(木)18:00~(17:45開場)

・会場:連合会館201会議室

・参加費無料、事前申し込み不要、どなたでも参加できます。

 

 

f:id:hatarakubunkanet:20190809194157j:plain

 

 第61回・第62回労働映画鑑賞会のご案内チラシはコチラです。

 

7月労働判例命令研究会のご案内

当法人が後援する日本労働弁護団主催の「労働判例命令研究会」のご案内です。
労働組合の役員・書記・組合員や組合関係者(労働審判員、労働委員会の参与委員など)の皆さまのご参加を期待しています。

 

 <第128労働判例命令研究会のご案内>

 ◆日時:2019年7月8日(月)18時~20時

 ◆会場:連合会館4階401会議室 (地図:http://rengokaikan.jp/access/

 

◆報告者・報告判例命令

1.水口 洋介 弁護士(日本労働弁護団常任幹事)

○ 学校法人産業医科大学事件・福岡高判平30.11.29労働判例1198号63頁  

~臨時職員と正規職員との俸給相違と労働契約法20条違反の有無~

 

2.今泉 義竜 弁護士(日本労働弁護団事務局次長)

○ 学校法人大阪医科薬科大学事件・大阪高判平成31.2.15労働判例1199号5頁

~アルバイト職員と正職員の労働条件の相違と労働契約法20条違反の有無~

 

◆主 催:日本労働弁護団

◆後 援:NPO法人働く文化ネット

http://hatarakubunka-net.hateblo.jp/

https://twitter.com/hatarakubunka

 

◆今後の予定

・  9月9日(月)