NPO法人 働く文化ネット

NPO法人 働く文化ネットの公式ブログです。

「労働映画百選通信」第72号配信

 「労働映画百選通信」第72号が配信されました。ご覧ください。

<内容> 

①労働映画鑑賞会【2024年2月期】

 【第91回】2024年2月8日(木) 18:00~ 連合会館2階 203会議室

  “2024年2月  第92回 ~息をしている限り、まだ間に合う。~”

  上映予定作品:『杜人(もりびと)』(2022年、101分)

②【いもづる式鑑賞ガイド】自然と対話する仕事

③【労働映画のスターたち】第73回 「オダギリジョー

④【上映情報】労働映画列島!1-2月

※《労働映画列島》で検索! https://shimizu4310.hateblo.jp/ 

1月労働判例命令研究会のご案内

当法人が後援する日本労働弁護団主催の「労働判例命令研究会」のご案内です。
労働組合の役員・書記・組合員や組合関係者(労働審判員、労働委員会の参与委員など)の皆さまのご参加を期待しています。

 

 <第176労働判例命令研究会のご案内>

 ◆日時:2024年1月15日(月)18時~20時

 ◆会場:連合会館 5階 502会議室 (地図:https://rengokaikan.jp/access/

 

◆報告者・報告判例命令

1.市橋耕太 弁護士(日本労働弁護団本部事務局次長)

○アイ・ディ・エイチ事件・東京地判令4.11.16労判1287号52頁

~在宅勤務者に対する出社命令の有効性等が争点になった事案で、

出社命令は無効であり、これに応じずに労働者が労務を提供しなかったことについて

使用者の「責めに帰すべき事由」(民法536条2項)が認められるとした事例~

 

2.嶋﨑 量 弁護士(日本労働弁護団全国常任幹事)

大阪府・府知事(障害者対象採用職員)事件・大阪地判平成31.1.9労判1200号17頁

大成建設事件 東京地裁令和4年4月20日判決労判1295号73頁

なお、東京高裁令和4年4月20日判決 判例集未掲載

~海外での社外研修費用返還請求の可否等~

 

◆主 催:日本労働弁護団

◆後 援:NPO法人働く文化ネット

https://hatarakubunka-net.hateblo.jp/

https://twitter.com/hatarakubunka

 

◆今後の予定

・  2月19日(月)

第92回労働映画鑑賞会のご案内

 第92回労働映画鑑賞会を下記の通り開催します。

      • 開催日:2024年 2月 8日 (木) 18:00~ (17:45開場)
      • 会 場:連合会館 2階  203会議室

        (地図:https://rengokaikan.jp/access/

      • 入場料:無料(事前申込不要、どなたでもご鑑賞いただけます。)

 

第92回テーマ ~息をしている限り、まだ間に合う。~ 

上映予定作品:『杜人 ~環境再生医 矢野智徳の挑戦~

(2022年、101分)

造園家で環境再生医の矢野智徳氏を3年間密着。

植物や虫、大地の声を代弁するように話す矢野智徳は

30年以上のキャリアを持つ造園家であり、環境再生医だ。

彼の事をある人は「地球の医者」と呼び、ある人は「ナウシカのよう」と言う。

全国で頻発する豪雨災害は本当に「天災」なのか?

風のように草を刈り、イノシシのように大地を掘って

環境問題の根幹に風穴をあける奇跡のドキュメンタリー。

      

 

ぜひ多くの方々に鑑賞していただきたいと思います。

皆様のご来場をお待ちします。

 

会場内のマスク着用については、各自の判断でご対応願います。

第92回労働映画鑑賞会ご案内のチラシはこちらです。

2024年 新年のごあいさつ

謹 賀 新 年 

当法人は、昨年六月に設立十周年を迎えました。

当法人の事業運営に対し、ご理解とご支援をいただき心より感謝申し上げます。

事業の三本柱である

① ワークルール検定支援事業は、CBT方式で春・秋に実施する予定です。

② 労働映画事業では、貴重な映像・映画を発掘して皆様にご覧いただきたいと思います。

③ 労働資料保存・展示事業も継続して展開します。

引き続き、皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

 

(今年の主な活動予定)

6月8日(土) ~ 16日(日) ワークルール検定・2024春

7月13日(土)「労働映画祭2024」

1・8月を除き原則第2木曜18時から 労働映画鑑賞会

 

2024年1月1日

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館

特定非営利活動法人働く文化ネット 代表理事 細野誠一

2024年 判例命令研究会日程案内

当法人が後援しております日本労働弁護団主催の

判例命令研究会」2024年の日程が確定しました。

下記の日程をご確認いただき、ご予定いただけますと幸いです。

 

2023年12月まではzoomにて開催しておりましたが、

2024年1月からは連合会館会議室にてハイブリッド型で開催いたします。

詳細につきましては次回ご案内させていただきます。

 

労働組合の役員・書記・組合員や組合関係者

労働審判員、労働委員会の参与委員など)の

皆さまのご参加を期待しています。

 

<2024年開催日程>

第176回/2024年1月15日(月) 18:00 ~

第177回/2024年2月19日(月) 18:00 ~

第178回/2024年3月11日(月) 18:00 ~

第179回/2024年4月8日(月) 18:00 ~

第180回/2024年5月13日(月) 18:00 ~

第181回/2024年6月10日(月) 18:00 ~

第182回/2024年7月8日(月) 18:00 ~

第183回/2024年9月9日(月) 18:00 ~

第184回/2024年10月7日(月) 18:00 ~

第185回/2024年11月11日(月) 18:00 ~

第186回/2024年12月9日(月) 18:00 ~

 

◆主催:日本労働弁護団
◆後援:NPO法人働く文化ネット

「労働映画百選通信」第71号配信

 「労働映画百選通信」第71号が配信されました。ご覧ください。

<内容> 

①労働映画鑑賞会【2023年12月期】

 【第90回】2023年12月14日(木) 18:00~ 連合会館2階 203会議室

  “2023年12月  第91回 ~江戸の循環型社会を活きる!~”

  上映予定作品:『せかいのおきく』(2023年、89分)

②【いもづる式鑑賞ガイド】江戸の暮らしと仕事

③【作品ガイド】労働映画で振り返る2023年

④【上映情報】労働映画列島!11-12月

※《労働映画列島》で検索! https://shimizu4310.hateblo.jp/ 

第91回労働映画鑑賞会のご案内

 第91回労働映画鑑賞会を下記の通り開催します。

      • 開催日:2023年12月14日(木)18:00~ (17:45開場)
      • 会 場:連合会館 2階  203会議室

        (地図:https://rengokaikan.jp/access/

      • 入場料:無料(事前申込不要、どなたでもご鑑賞いただけます。)

 

第91回テーマ ~江戸の循環型社会を活きる!~ 

上映予定作品:『せかいのおきく

(2023年、89分)

舞台は江戸時代末期、厳しい現実にくじけそうになりながらも、

心を通わせることを諦めない若者たちの姿を描き出しています。

 

江戸時代は素晴らしいリサイクル社会だった事が作品を通して分かります。

下肥買い⇒農家へ売る⇒堆肥⇒野菜を作る

紙屑買い⇒紙漉き職人へ売る⇒紙の再生

手桶や樽⇒壊れたら修繕する箍屋

 

幕末の恋模様とお江戸の再生社会をぜひご覧ください

      

    

 

ぜひ多くの方々に鑑賞していただきたいと思います。

皆様のご来場をお待ちします。

 

会場内のマスク着用については、各自の判断でご対応願います。

第91回労働映画鑑賞会ご案内のチラシはこちらです。