読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人 働く文化ネット

NPO法人 働く文化ネットの公式ブログです。

労働映画『海に生きる 海洋底曳漁船の記録』鑑賞会が終了

第30回労働映画鑑賞会が終了しました。
 7月14日(木)18:30~19:30(18:00開場)

 ~海の男の働く姿と思いを描く~

上映作品:『海に生きる 海洋底曳漁船の記録』(1949年/33分)

 今回上映した作品は、先日発表した「日本の労働映画百選」の中のひとつで、戦後初期労働組合が作った映画の転機を代表する作品とされる『海に生きる』でした。

 <会場の様子>f:id:hatarakubunkanet:20160715094154j:plain

生きることと働くことは、どんなふうに関わっているのだろう

 雨が吹き込む嵐の船を、荒波に揺られながら進む、その甲板からカメラは撮影する。どうやって撮ってるんだろう?そんなため息が出るような画面にあふれた映画である。『海に生きる』は、底引き網漁船「八島丸」と「豊島丸」が、東シナ海に漁へ出る様子を3週間あまり撮影した映画だ。

 この映画は、労働組合映画協議会(労英)が海員組合と協力して製作した映画だが、組合や労働者の権利の主張は皆無である。労働組合員たちが、自分たちの働いている姿と思いを伝える映画だった。観客の人たちと自分たちが生きて働く事が、どんな風に関わっているかに思いめぐらせる映画だった。その発想には、今も心うつものがどこかにある。【佐藤 洋】

       働く文化ネット(2016)『日本の労働映画百選』P.34

 

f:id:hatarakubunkanet:20160715094020j:plain

 ~第31回のご案内~

【2015年7~9月】統一テーマ:働くこと、生きること、つながること

日時:9月8日(木)18:30~(18:00開場)

場所:連合会館2階 201会議室(地図:http://rengokaikan.jp/access/

参加費:無料(事前申込不要、どなたでも参加できます)

 上映作品:未定(決まり次第、ご報告させていただきます。)

 

働く文化ネットでは、毎月第2木曜日に労働映画鑑賞会を開催しております。

8月はお休みで次回は9月となります。

お気軽にご参加ください。お待ちしております。