読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人 働く文化ネット

NPO法人 働く文化ネットの公式ブログです。

労働映画鑑賞会「白い朝」「ある機関助手」が終了

労働映画上映・保存

第6回労働映画鑑賞会が終了しました。


 3月13日(木)18:30~20:30(18:00開場)

 「高度成長の影で~ドキュメンタリストの視点」

 上映作品:『白い朝 』/『ある機関助士』


今回は、お足元の悪い中にもかかわらず、約20名の方にご参加いただきました。ありがとうございます。

コメンテーターの後藤嘉代さん(労働調査協議会・調査研究員)から、次のようなコメントをいただきました。

 

1.『白い朝』について

・第一印象は不思議な映画。

・セリフによって若者を表現しており、今の若者と通じる部分とそうでない部分があった。

・印象的な言葉=「夢」

・この映画の中では、工場での作業や昼食の際に、皆でワイワイという場面が散見されたが、今の若者はこうしたことが少なくなっているのでは?

2.『ある機関助士』について

・勤勉な日本人、特に男性職場の印象が強かった。

・定時を守ることと安全のバランスが崩れると事故が起こる、いう緊張感が感じられた

企業内学校(今はほとんどなくなってきている)による技能の伝承の一幕もあった。

 

<後藤嘉代氏によるコメント>

f:id:hatarakubunkanet:20140313195046j:plain

 
<会場の様子>

f:id:hatarakubunkanet:20140313195413j:plain



働く文化ネットでは、毎月第2木曜日に労働映画鑑賞会を開催しております。


お気軽にご参加ください。お待ちしております。

第7回のご案内

日時:4月10日(木)18:30~20:30(18:00開場)

場所:連合会館2階 203会議室 (地図:http://rengokaikan.jp/access/
   ※いつもの会議室の向かい隣です
参加費:無料(事前申込も不要)

【4~6月:統一テーマ】女性の元気が社会を変える

一人の五歩より、十人の一歩

 上映作品:『キューポラのある街』(89分)(1962年、監督:浦山桐郎、主演:吉永小百合