読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人 働く文化ネット

NPO法人 働く文化ネットの公式ブログです。

総評労働運動の「歴史語り」が公開されました

総評労働運動に関する2つのインタビュー映像がYouTube上に公開されました。以下のリンクから関係情報と映像をご覧いただけます。 『語り継ぐ総評40年 1950~1989』(企画・制作:公益財団法人総評会館、総評退職者の会)は、2012年3月から2013年4月にかけて…

「日鋼室蘭争議」から60年

戦後の大争議の一つ「日鋼室蘭争議」から今年で60年。この争議の記録集「1954年 日鋼室蘭闘争の記録 日鋼労働者と主婦の青春」が、連合会館5階の総評コーナーに保存されています。 昨今、政府による労働者保護ルールの改悪に向けた動きが始まっていま…

30年以上前の春闘のスライド等を寄贈されました ~眠っている労働映像資料を探しています~

東京都品川区の「自然と人間」編集部から、総評時代の「公労協共闘委員会」が作成した映像資料があり、必要なら寄贈するとの連絡がありました。不要なら廃棄処分する予定だということでしたので、早速頂いてきました。 「雇用も賃金も…」「そのカベを破れ!…

労働資料の宝庫 労働政策研究・研修機構に訪問しました

働く文化ネットの労働資料事業のメンバーで、2月28日に労働政策研究・研修機構(JILPT)を訪問しました。 労働政策研究・研修機構(JILPT)は、労働問題について総合的な調査研究を実施し、その成果を研究報告書、セミナー、ホームページ、メールマガジン、…

紹介:ビデオ「語り継ぐ総評40年」

ビデオ「語り継ぐ総評40年」 総評の結成(1950年)から解散(1989年)まで、40年にわたる闘いの歴史を、関係者の証言で綴ったビデオが完成した。(53分、企画・制作=公益財団法人・総評会館、総評退職者の会) 歴史の証人として語る人は、塚田義彦、山崎…

兵庫からの発信「総評の労働運動の足跡」

8月5日から兵庫県中央労働センターの掲示コーナー(労働図書館まえ)で「兵庫からの発信・日本の労働運動100年余の記録」シリーズⅢとして、「総評の展開した労働運動の足跡」の展示会が開催されていますので、ご覧ください。 (連合兵庫デジタルラボの山野…

兵庫県で総評労働運動40年のパネル展示

連合兵庫の主催で「日本の労働運動100年余の記録」パネル展示が行われています。 「働く文化ネット」は、その趣旨に賛同して「総評労働運動の40年」のパネルを展示することにしました。 これは、労働運動を広くPRし、継承していくことを目的として、労働運動…

総評労働運動の歴史を展示

「総評会館」から「連合会館」に変わるのを機に 総評は1950年7月に誕生し、1989年11月、連合が結成されるのを機に解散しました。 この間40年、戦後とよばれる時代の歴史は、総評運動の展開なしに語ることはできません。 2012年6月1日、それまでの「総評会館…